ブランド ロンドン生活 家 不動産 生活

断捨離でお小遣いをかせぐなら【シュポックSHPOCK】

ぺルラ

SHPOCKって御存知ですか?日本のメルカリに似たサービスで、ヨーロッパ最大のOnline Flea Market😳そして最大の特徴がオプショナルのサービスを使わない限り手数料が無料!!

 

もしヨーロッパにお住まいで、この機会に家にあるものを整理し・断捨離をしたいと思っている方は是非使ってみてください❣ 自宅隔離中の今は自宅までPick Upしてくれる宅配サービスもあります。

 

Shpockとは

日本のメルカリ同様のOnline Flea Market。ウェブサイトとアプリがあり、私はもっぱらアプリを利用しています。

ウィーン(オーストリア)のIT系の会社によって運営されているイーコマースプラットフォーム。メルカリ程支払いや郵送まで一括管理されておらず、自由度がある。Shopckが提携する輸送のサービスParcel2GoやPayPalの支払いサービスを使っても使わなくてもいいので出品者と購入者の当事者間で直接交渉できる柔軟性がある。

私は一度もトラブルに遭ったことはないけれど日本と違って変な人は多いので気を付けなければいけない。ただやり取りをしていると大体信用できなさそうないい加減な人と本当に買う意思のある人の違いが分かってきて、数日連絡が無かったりする場合は信用せず交渉を続けなかったりと自分なりに判断している。

 

元々はローカルのコミュニティーの中でいらないものを売りに出し、家の近くまで取りに来るという地域型オンラインFleaマーケットサービスだったのが今やヨーロッパ中に広がり登録者数は1千万人、大体メルカリが1千500万人くらいなので規模は少し小さいけれど欧州最大。

大体のオンラインプラットフォームは出品手数料がかかるけれどShpockの最大の魅力は無料なところ。商業目的では特定のマーケティングなどが出来ないので不向きかもしれないけれど家にある不要のものを売るカジュアルな売買では最高のアプリです。

 

 

始めたきっかけ

きっかけは2年ほど前、東ロンドンにアパートを購入して引っ越して来てから、全く着なくなった洋服、全く使っていないアクセサリーやバッグ、趣味のもの、前の住人が置いて行ったけれど新調したのでいらなくなった家具など、捨てるには勿体ないけれどいらないものが沢山出てきた。

処分するにはお金が掛かるしチャリティーには大きくて持っていけないものや、少し高価なものなどどうしようかと思っていたところたどり着いたのがShpock。早速いらなくなったIKEAの古いワードローブを£20で売りに出したら速攻で落札💰 数回のやりとりをして次の日にはその落札者の女性と旦那さんと旦那さんの友人らしき人が大きな車で取りに来た。。 ゴミにだしたらお金がかかるような粗大ごみを持っていってくれてお金までくれるなんて💜そこから私とShpockの付き合いが始まる

 

こちらがデビュー戦のIKEAのワードローブ

 

アカウント作成

アプリをダウンロードしてFacebookやGoogleのアカウントでログインして指示通りに入力しメールの確認作業や電話番号などを入力して完了。

プロフィールの写真を変更出来るし、住所はGPSで大体の場所しか表示されないのでアプリ上では住所を特定するのは不可能。

 

直接受け渡しの際も私は駅の前やパブの前など人通りの多い場所を指定して受け渡しをするので家を特定されることは無い。FacebookやTwitterなどに出品内容をシェアする事も可能だけれど、私は友達にわざわざ見せるものでもないので他のSNSには連携せず。

大きな家具など家に取りにくるものは注意が必要、家に家族や友人など誰か居る時にするのは鉄則。まだ初心者だったころは郵送は面倒だったので受け渡しを優先にしていたが、今はヨーロッパの各都市の人とやりとりしたり成約しているので直接受け渡しは減ってきたが、今でも気を付けている。

 

 

出品の仕方

 

アプリを開くとこのような画面で探しているもの欲しいものを検索ボックスに入力し探す👀

 

 

 

使い方は至って簡単、画面下のカメラマークを押すと次の画面に🐾

 

 

注意点は大体値引きを要求されるので売りたい金額から少し多めの額で出品するのがコツ

商品説明はなるべき細かく、特に大きさや重さなどはcm/m/g/kgの他にかなり面倒だけど出来たらInch/Foot/poundの 単位でも記載があるといいかもUK Info 単位

郵送ありにするほうがより多くの人に見てもらえるので、事前にRoyal Mailなどで大体の送料を把握しておいてRoyal Mail Price Finder、郵送先によっては金額先が変わるので成約後に購入者に確認して負担をお願いする。郵送に関しては郵送・受け渡しで詳しく書いておく

添付できる写真は5枚までが無料で、それ以上添付したい場合は別料金(追加3枚£0.99 10枚£1.99 etc) に申し込む必要あり、また商品を早く売りたい時は別料金でプロモーション(3日間£4.99から)などもできる。

私は大きいタンスを早く売りたかったのでこのプロモーションを使ってみたところ、多くの問い合わせが来たものの成約にはならず、結局プロモが終わった後にひょっこり問い合わせに来た人と成約になりました。売れるか売れないかは分からないけれど、多くの人の目に留まる一定の効果はあると思います。

 

成約前後の注意

成約してから送料や郵送のしかたなど交渉に入る人もいれば事前にOfferをする前に聞いてくる人もいる。私はOfferをAcceptする前にきちんと直接受け渡しか、郵送であればどこの国・地域か、送料を加えた金額で問題ないかなど確認してから成約にする。OfferをAcceptした後は基本的に解約は出来ないので成約する前に気になるところは質問しておくのがベスト。

 

入金

ShpockのPayment Guaranteeサービスを使うと無料でバイヤーからセラーへ送金をしてくれる。まずバイヤーがお金をアプリ上で送金するとバイヤーへ連絡が来るので、バイヤーは郵送の手続きをして、手続きが終わるとその証拠の写真などを送信。

バイヤーが商品を受け取ってレヴューを書くと、お金が2日後にバイヤーに振り込まれる。

売り手には一切手数料が掛からないので、このサービスを使わない手はない。

もしくはペイパルや銀行振込も可能だけれど、直接受け渡しの人以外は殆どこのPayment Guaranteeサービスを使っている。

 

郵送または受け渡

受け渡しは上記通り、家に来なくてもいいものに関しては人通りのいいところで待ち合わせをして受け渡しをしている。

その際に携帯番号を聞かれたりするけれど、携帯番号は教えないと待ち合わせに困るので教えている。行ってみて購入者が来なかった事は一度もないので今までは問題が無いけれど、これから使う方にはくれぐれも注意してもらいたい。

郵送の場合はShpockで推奨しているParcel2Goと郵便局の2通りがいいと思う。海外郵送の場合郵便局の方が安いのかなと思うけれど、郵便局に行くのもリスクなので自宅隔離中は家まで取りに来てくれるParcel2Goのサービスがおススメ。通常時は近くのNews Agentなどに持っていくとそこからピックアップしてくれるので家にいる必要も無いので便利😉

☘Parcel2Go

☘Royal Mail Price Finder

 

まとめ

家にあるいらないものを次々と出品 2年前から始めて大体30品くらい売っている。今までの売り上げは£2000ポンド程(約30万円)

ブランドのバッグなども売りに出してみたら飛ぶようにOfferが来て日本で業者に売りに出すよりかはるか高い値段で売れる。

多分ヨーロッパには日本のようなブランドの中古市場が確立しておらず、大手の大黒屋や宝石広場などは無くEbayなどのオンラインで購入するかオンラインで中古ショップから買うしかないからかと思う。

 

今まで売ってきたもの

お財布(結構ボロボロ)

ノンブランドのバッグ

ブランドのバッグ

使いかけの化粧品

使いかけの香水

電池の入っていない時計

コート・ジャケット

カーテン

スーツケース

ブランドの空箱や袋

家具類

 

今まで売れた事の無いもの

 

靴(靴は新品に近くても未だに一足も売れていない、試着が出来ないので難しいかと思う)

 

 

少し気になった方は是非こちらのWebsiteからチェックしてみてください💜

 

Shpock UK Website

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

ぺルラでした🤍

 

人気の記事

-ブランド, ロンドン生活, 家 不動産, 生活
-, ,

© 2022 Perla's Diary Powered by AFFINGER5