BUYMA ファッション ブランド

セリーヌの旧ロゴってまだ使われている?【カバトート編】

ぺるら
本日は不動の人気のセリーヌ、中でもシンプルで使いやすいカバのスモールバッグについてです。

 

よくご注文頂くバッグでセリーヌ公式オンラインと店舗両方から買い付けています。

 

いつもはセリーヌ公式オンラインで購入しているのですが、たまたま店舗に足を運んだので、いつもよくしてくれる店員さんにカバのスモールトートの黒をお願いして購入して帰りました。

そして数日後、別に公式オンラインから購入していた同じ商品が届き。。開けてみて何か違う?慌てて同じ週に店舗で買い付けてきた商品を開けて隣に並べてみました。

 

似ているようで全く違う。。。

 

 

そしてその写真がこちら

 

 

ロゴだけでなく、サイズ、取っ手部分も少し異なります。

 

 

拡大写真がこちら

 

 

 

 

よく見ると上の写真はEの上にアクセント記号の ` がついていて、これは2018年まで使われていた古いロゴです。

2018年にHedi Slimaneがデザイナーとして参画してから変更され今現在のロゴになっています。

 

 

こちらが新旧ロゴを比べたものです。

Celine Old vs. New Logos | YoogisCloset.com Authenticated Pre-Owned Luxury

 

写真引用:Yogi's Closet

 

ぺるら
ということは、2年経った今も店舗の在庫として残っていたということ?

 

カバのスモールトートは2018年前からも作られていて、商品コードは変わっているようですが名前は変わらず同じのようです。

古いロゴは2019年頃まで作られており、2008年からクリエイティブダイレクターとして10年牽引してきたPhoebe Philo (フィービー・ファイロ)のデザインに魅了された女性も多く、セリーヌのファンというよりフィービーのファンという方は敢えて当時のロゴのバッグを購入するとか。

 

なのでまだ新品のバッグが存在するのはかなりレアかと思います。

 

ただ、一方で個人的に感じるのはセリーヌの在庫管理は結構杜撰です。(日本のセリーヌはそんな事は無いと思うのでヨーロッパでの話とお考え下さい。)

 

公式オンラインで注文確定してから在庫が無くなったとキャンセルされた事も数知れず、ひどい時は在庫が無くなったと連絡も無しに同じ商品のサイズ違いを4つも送ってきたこともあります。

 

付属品の封筒なども入っていなかったりといつもハラハラさせられます。

 

保存袋も同じ商品を注文してもいつも違うサイズの袋に入ってきます。中にはキツキツでこの保存袋のサイズは間違いだよねと思う時があります。(その時は店舗に戻り変えてもらってからお客様に発送しています。)

 

ヨーロッパの公式サイトだと日本への配送はしていないので、日本の公式サイトで購入した場合はこのような問題には遭遇する事はないと思いますが、ヨーロッパや海外の店舗でお買い物をする時はくれぐれも注意してください。

 

偽物ということは絶対に無いですが、古い型、古いロゴ、ついてきた保存袋が本来のものより小さかったりと直営店舗でも起こる事です。

 

 

まとめ

 

セリーヌはシンプルで上質なデザインなので、フィービー時代からお洒落きれいめ女子に大人気です。2021年の今でももしかすると旧ロゴの商品が眠っている場合があります。

ですので、ヨーロッパや海外の店舗で購入する時は要注意、公式サイトで載っている写真と見比べて旧ロゴが欲しいのではない場合はきちんと確認するといいかもしれません。

 

ちなみにこちらがセリーヌ公式ページにある商品ページの写真です。

 

 

また購入後は半永久的に店舗に持ち込むとレザーのお手入れをしてくれます。

レザーの艶掛けくらいだったらすぐに終わるようで、大切なセリーヌのバッグやお財布、お買い物のついでに年に1回くらいは艶掛けお願いする事をおススメします。

年齢を選ばないセリーヌ、末永く大切に使いたいです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます!

ぺるら

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぺるら❤︎Perla & Co., Ltd(@perlas_diary)がシェアした投稿

人気の記事

-BUYMA, ファッション, ブランド
-, ,

© 2022 Perla's Diary Powered by AFFINGER5