オーガニック フェムテック 生活

経血カップ・月経カップ の入れ方は?痛いってほんと?

ぺるら
私は約3年程前から生理カップ、月経カップを使っています。

 

初めは手が血だらけになるので外出先では使えないと諦めていたのですが、自粛が始まって1日中家にいられる日も出てきたのでまた使い始めました。

使い始めて慣れてくると取り外しもうまく出来るようになり、外出先でも使えるようになりました。何事にも練習が必要ですね!

 

経血カップとは?

 

あまり日本では聞きなれないですが、経血カップ、生理カップは海外では4-5年前から普及し始めている新しい生理用品です。

 

主に医療用のシリコンで出来た体に悪い影響の無い柔らかいカップで、経血を吸い取るのではなく膣内で溜めるカップです。経済的で環境にも優しいと先進国の忙しい女性の強い味方で約1割程の女性が購入した事がある、または継続して使用しています。また清潔な生理用品を買う事が出来ない国の女性達や、使用後の生理用品の杜撰な処理による環境破壊などがインドなどでも問題となっており、注目されています。

 

シェリーさんもYoutubeで紹介されており、大絶賛されています。

 

おすすめの理由は?

環境にやさしい

まずは平均的な女性は、生きている間に1万4000枚もの使い捨てナプキンやタンポンを使うとされています。これを処理するのに化学物質や環境汚染は新興国を中心にかなり深刻な問題となっています。人口増と食物難なこの地球で普通のタンポンとナプキンが、環境や人体に害を与えずに向こう100年も存続するのは非常に困難です。一方の以前記事にも書いた吸収型ショーツと月経カップは何度も使えて最長10年は使えます。

 

経済的

月経カップは最長10年使えるのですが10年間タンポンを買わないと約15万円が節約できるようです!

 

健康的で安全

月経カップは、中身を空にすることなく最長12時間つけっぱなしにできます。一晩中つけていても問題は無いです。

ただ量が多い日はカップから溢れた経血は漏れてくることがあるので、私は吸収型ショーツを着けています。漏れてきたと思ったら中身を空にしてください。

月経カップは経血を吸収するのではなく器で溜めてせき止めるものなのでタンポンのように経血以外の水分も吸収してしまったり、トキシックショック症候群を発症する心配もなくなります。黄色ブドウ球菌の蓄積が引き起こすトキシックショック症候群の原因の一つとして長時間のタンポンの装着があり、8時間以上は体内に入れないように推奨されています。

またタンポンに付いている紐部分は外に出ており尿をすると紐は濡れてしまい不衛生なので毎回トイレをする度に変えないといけません。でも月経カップは膣内につまみが入っているので汚れません。

今や月経カップにもかなり多くの商品が出回っています。ですが機能の優劣は殆どありませんので素材がいいものを選びましょう。

あとは経血量が多めの方は大きめのカップを選び、初心者の方は取り出しやすいように先にリングなどついているものがいいです。

 

 

欠点は?

洗浄が面倒

医療用のオーガニックシリコンを選んで購入されていれば体に害はありません。膣内は性交渉に使うので自浄能力が高く、雑菌などは体内に入りませんが、最初に使用する時は沸騰したお湯で煮沸消毒をしてください。一度入れてしまえば、1度の生理期間で経血を出すたびに煮沸する必要は無く水でさっとゆすいでまた挿入可能です。生理が終わったらケースに戻す前に煮沸消毒も忘れずに。小さいお鍋にカップが隠れるくらいにお水をはり沸騰した後に2—3分置いておくだけで大丈夫です。

 

慣れるまで練習が必要

月経カップの使用には、タンポンの挿入と同じく練習が必要です。私も一度断念した事があるので、出し入れが慣れるまで大変なのと、経血の多い日には1時間くらいで漏れてくる時もあるので、タイミングを把握するあでは頻繁にトイレに行ける日や自宅にいる日に使い始めるのがおススメです。

 

カップの淵を閉じてCの形にを潰すように潰しでたたんで膣の中に挿入します。

Image cited from Intimina Official

 

入口入れるまでが怖いけれど中に入ってしまえば全く痛みも入っている感覚もありません。カップは2日目と3日目の多い日にはおススメで経血の少ない日は吸収型のショーツをおススメします。

Image cited from Intimina Official

 

最初のうちは自分で指をいれるのも抵抗があったり、痛かったり、上手く入れられなかったりしますが慣れてくるとさっとベストポジションに入れる事が出来ます。慣れるまでは入れた後に違和感があれば感じない場所まで押し込むようにすると違和感を感じず着けている事を忘れてしまうほどです。

 

Image cited from Intimina Official

 

 

抜く際はタンポンの場合は出ている紐を引っ張ればいいだけだけど、経血カップの難点は紐が出ていない分衛生的ですが、指を膣の中に入れて取る必要があるので指が汚れてしまいます。

特に経血の多い日は指が血だらけになってしまうので、それが気になる方には向かないかもしれません。

 

また、たまに奥まで入ってしまうと取りづらい事があるのですが、子宮口はかなり小さく体の奥に入ってしまう事はないので落ち着いて先端部分を探してください。

 

Image cited from Intimina Official

 

初心者の方は先端部分に輪っかのついているこちらのLily Cup Oneという初心者用の商品がおススメです。こちらは北欧スウェーデンの会社INTIMINAから売られている医療用のオーガニックシリコンを使った月経カップのLily Cupです。

 

押し潰すと小さくなり付属のプラスチックのケースがあるので化粧ポーチに入れられて洗った後に少し濡れていても携帯可能です。巾着タイプのケースに比べて衛生的なのもおススメポイント!

 

 

写真引用:Lily Cup One

 

 

どの月経カップを使っている?

初心者の方にはLily Cup Oneをおススメしましたが、私が使っているのはこちらのLily Cup CompactのサイズA(小さいサイズ・薄いピンク)、ですが正直2日目で経血の量が多い時には1時間で一杯になってしまうことも、でも3日目は3-4時間着けていても大丈夫なサイズです。人それぞれ量が異なるので一概には言えませんが、量が多い方はLily Cup CompactのサイズB(大きいサイズ・濃いピンク)がいいかもしれません。

もう少し大きいカップでLily Cupという商品も出ていますが、小さくたためないので持ち歩き用のケースがポーチです、

 

Lily Cup Compact 3239円

https://www.intimina.com/lily-cup-compact

 

 

使い方は?

 

まず、欠点でも書きましたが毎回使う前は沸騰したお湯で2分程煮沸消毒をします、面倒ですがそれをすると安心するので。ですが膣内は殺菌作用がかなり働いているようで、多少の雑菌は大丈夫ですが、念の為に煮沸消毒は行ってください。

コロナで手洗いは徹底されていると思いますが、手洗いもしてからと装着をしてください。

カップの口を2つに折り曲げてCを潰したような半分の大きさにして、丸め込みなるべく小さくして膣内に挿入します。出血が少量の時は膣の入り口は入りにくい時がありますが丸め込んで小さくすれば入ります。

中に入ってしまうと殆ど装着している感覚はありません。指で先端を掴める辺りまで押し込めば完了です、あまり奥まで押し込む必要はありません。

 

取れなくなるってほんと?

膣の中に装着していると着けている感覚は全くなく違和感もありません。なので取ろうとした時に上の方にカップが上がってしまっている事があります。うまくつまみを掴めずどんどn奥に入ってしまう事もありますが、膣は一般的に7~10センチメートルの筒状の器官で、子宮口は通常時はかなり小さく出産前の女性で3センチくらいに開くものなので、月経カップが子宮まで入ってしまう事はありません。なので取れなくなったと思っても落ち着いて指を中に入れて少しづつ下げてみましょう。

膣は月経血や分泌物が排泄され、出産のときには胎児が通過する場所であり、性交時には男性器を受け入れる場所。筋肉でできており、伸縮するので痛みは感じません。膣内は常在菌によって酸性に保たれ、細菌の侵入・増殖を防ぐ自浄作用があります。

 

まとめ

 

毎月の生理、憂鬱なのは出血だけでなく気分が落ち込んだり、暴食してしまったり、倦怠感や腹痛があったりと生理用品だけが憂鬱な理由では無いですが、生理用品を持ち歩き、一日何回も取り換えて、漏れてないか気にするのもストレスです。

今まで生理ナプキンと使い捨てのナプキンを使って来たので初めは慣れずに失敗する事もあると思いますが、それを乗り越えれば生理用品に関してのストレスは軽減します。

日本ではコンビニが至る所にあるので生理用ナプキンが購入出来ない事など無いと思いますが、海外ではそうはいきません。そういった理由からも北欧を始めとする欧米で月経カップを利用する女性が多いのかもしれません。

 

忙しい日本人女性にもこの存在を知ってもらって使ってもらえたらと思います!

posted with カエレバ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Lily Cup Türkiye (@lilycup.tr) on

人気の記事

-オーガニック, フェムテック, 生活
-, , ,

© 2022 Perla's Diary Powered by AFFINGER5