ロンドン生活

デヴィ婦人の娘さんはロンドン在住? 息子キラン君の通う名門学校は?

デヴィ夫人の娘さん、時々テレビやメディアに登場しますが、お綺麗でエレガントなんですが、少し片言な日本語が可愛くて、スーパーセレブなのにリラックスした感じが本当の海外のセレブ感を感じさせ私は大好きです!

今日はそのカリナさんとカリナさんのご家族について調べてみました。日本の記事も多いですが、やはりインドネシアの記事がたくさん出てきました。

 

 

壮絶なデヴィ夫人の若い頃の話は皆さんご存知かと思いますが(詳しくはWikipediaで

 

1967年(昭和42年)3月11日、都内病院にて娘のカリナを出産する。正式名は「Kartika Sari Dewi Soekarno. Kartika Sari」。スカルノ大統領の8番目の子供であった。デヴィは政治的に亡命者に寛容なフランスを亡命先に選ぶ[13]

引用:Wikipedia

 

まだ幼いカリナさんを連れてフランスに亡命。その後カリナさんが11歳の時にボーディングスクールに入れられて、デヴィ夫人は外堀が冷めた後にインドネシアに戻りスカルノ大統領の遺産を貰おうとしたようですが、結局石油のビジネスを始めたようです。

 

それも全て娘さんの情操教育の為だったとか。。セレブとは言え国を追われたシングルマザーですもんね、出ていくお金も大きかっただろうし、やっぱりデヴィ夫人って綺麗なだけではなく、すごいですね!

 

写真引用:Haibunda

 

でも、そこからお二人の間に確執が産まれてしまったようです。

 

カリナさん

カリナさんもデヴィ夫人のようにインドネシア語のお名前をお持ちのよう、kartika sari dewi soekarnoさんとおっしゃるそうで、その後カリナさんはスイスの大学に進まれて、なんとその後は東京でジャーナリストとして活躍されたようです。数年日本で働いたのちに、ニューヨークに引っ越されて広告代理店に勤められていたそうです。

その間にもインドネシアの子供たちの教育をサポートする基金などを立ち上げられています。素敵ですね!

 

カリナさん

写真引用:Liputan6

 

そして確執が産まれてしまったデヴィ夫人とカリナさんの関係修復のきっかけとなったのが、息子のキラン君の誕生だったようです。

カリナさんは38歳の時に4歳年上のオランダ人フリッツ フレデリック セガースさんとご結婚されています。アメリカで教育を受けられた方のようで、当時フリッツさんは若干42歳で米系のリテールバンクのアジアのCEOをされていました。なので旦那様も優秀でセレブですね。

 

さすがオランダ人、背もスラっと高くダンディーな感じです。

 

引用:IDNtimes

 

その後ヨーロッパ地域のCEOになられた為ロンドンに引っ越されたようです。

フリッツさんにとっては二度目のご結婚のようで前妻さんとの間に2人お子さんがいらっしゃるようです。

 

すごく素敵なご家族ですよね。

 

カリナさんご家族

引用:IDNtimes

 

キラン君

そして益々美男子になるキラン君、日本人、インドネシア人、オランダ人の血が混じったMixed Raceですね。エキゾチックな顔立ちです。

 

キラン君

写真引用:Gridhype

 

イケメンぷりが炸裂ですね、スポーツも勉強も万能そうです!

引用:IDNtimes

 

ロンドンの多分ケンジントンにお住まいだと思われますが、これはどこを探しても見つかりませんでした。デヴィ夫人がロンドンを訪れるテレビ番組で家の近くを散歩している公園がハイドパークかケンジントンパークだったような気がします。

 

そして、息子君キラン君が通っていた学校がこちらパップルウィック・PeppleWick。デヴィ夫人のアメブロによると去年キラン君は卒業されてしまったようですが寄宿(ボーディングスクール)も出来る名門男子校で、6歳から13歳までのプレップスクールです。

6歳から入学で1年目の学費が年間約230万円、2年目は310万円、そして寄宿になると1年500万弱となります。気になった方はPapple Wickホームページ

 

ヒースロー空港の更に西にあるアスコット競馬場やウィンザー城近くの素晴らしい環境の中にあります。

 

こんなところで子供時代を過ごせたらいいだろうな。。。

 

最近芸能人の方でもイギリスにお子さんを留学させたり寄宿に入れたりする人が多いですが、私は学校の中に入ったこともないですが、その理由はなんとなく分かります。ホームページで見る限り、環境が全く日本の小学校とは違います。

 

調べてみると益々カリナさんが素敵な女性だなと思いました!

いつかロンドンでばったりお会いできないかしら??

 

おまけ

結構昔の動画ですがこれを観てから私もヴァセリンのアドバンストリペアローションを愛用しています。お風呂から上がって毎日ボディークリームをつけるのも面倒なんですが、やっただけ肌は応えてくれます。

 

デヴィ夫人ともあろう方が薬局で売っているプチプラを使っていらっしゃることに親近感を覚えますが、やはり高級なクリームをちょこちょこ使うより無理なく続けられてお肌の保湿を助けてくれるものをたっぷり使う方がいいと思います。

 

 

 

夏でも乾燥するロンドン、そこまで汗をかくこともないので、一年中このクリームを使っています。

ひび割れていたスネやガサガサだった足の裏がしっとりしていますよ!すっごく安くてどこでも手に入るので、デヴィ夫人のような艶肌を目指される方は是非お試しください!

 

たっぷり惜しげもなく使うのがコツです🤍

 

 

 

人気の記事

-ロンドン生活
-, , , , ,

© 2022 Perla's Diary Powered by AFFINGER5